学校に乗り込んでみました  ☆ - 発言小町まとめ 『ちゃんと解決したトピ&結論まで到達した』トピ集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校に乗り込んでみました  ☆

学校に乗り込んでみました   ぶぽ   2009年9月15日 13:07

小学4年生の息子のことで学校に乗り込んできました。

息子は背が小さく、良く言えば優しく親切、悪く言えば気が弱くやり返したりできないタイプです。

去年、クラス替えがあってから、口の悪い男の子中心の5、6人グループに「ウザイ」「キモイ」などと言われたり、発表のとき上げ足を取られる、叩かれたり蹴られたりすることが重なり、朝になるとお腹が痛くなって学校を休むことがありました。
他のお母さん方に聞いてみると、やられているのは息子だけではなく他の子も悪口やしつこいいたずらをされており、言い返してもその子には勝てない様子。





学校にも再三足を運んで先生と話し合ったり、子供たちもクラスで話し合いを持ちましたが解決せず、息子もかなり弱気になっていました。
しかし、個人を集中していじめるわけではなく、これから進学したり社会にでたときにもこういう事を乗り越える力が必要だと思い、励ましながらその時はなんとか乗り切りました。

4年生ではクラス替えはなく先生だけが替わりました。去年の担任とは違ってビシバシ指導してくださるようで、その子も前任のときはしかられても「あの先生、うぜぇ」と言っていたのが今回は泣くこともあると聞き、クラスも落ち着くかと思っていました。

ところが昨日、息子が頭とお腹が痛くて熱がある(微熱)と言ったので、新型インフルエンザ流行のため早めに休むよう通達もあったことから大事を取って休ませました。
が、休むと決めたとたん元気になったので話を聞いてみると、また嫌な事を言われたり頭を蹴られたと言うので、去年からの事もあり腹に据えかねたのと最近心臓が痛い(多分ストレス)と言っていた事からその子にガツンと言わなければと考えました。

すみません続きます。








トピ主です1   ぶぽ(トピ主)   2009年9月15日 14:42

そして今日も調子が悪くて休みたいというのを、心を強く持って行ったらと励ましているうちに遅刻になってしまったので「お母さんがその子たちに言ってあげる」ということで2時間目から登校することにしました。
学校への連絡を主人にしてもらうと、先生は迎えに行きますと言っていたようですが、私が学校の様子を見てみたいのと、その子たちと直接話がしたかったので私が連れて行く事にしました。

去年から思っていたことですが、先生には「反抗期であったり人との関わりを学んでいる途中であることは承知しているけど、その子が大人になるための犠牲に息子が体を壊したり不登校になるのは許せない」事、その子たちに「息子が悪い事をしたりイライラさせたりしたら手や足を出さなくても言葉で注意して欲しい」事、そしてその子の親には「あなたの子供が息子にしている事をどう思っているか」を伝えたり聞きたと思いました。
そして夫に、その子たちに親を連れて家に来るよう言うから早く帰ってきて、と言って見送りました。

すみませんまた続きます。




トピ主です2   ぶぽ(トピ主)   2009年9月15日 15:39

学校へ行く道すがら、息子のよいところを話したり強さと優しさについておしゃべりしていくとだんだん元気がでてきたようでした。

学校へは授業が終わる10分くらい前に着いたので息子は教室へ入り、先生と廊下で挨拶をしました。
そしてその子ともう一人息子から聞いていた子の名前を出して、話をしたいと先生にお願いをしたら快く応じてくださり、その2人と私と先生の4人で話をすることになりました。

まず先生が自己紹介をするように2人に言うと下を向いたまま小さな声で名前を言いました。
私がこちらにもきっかけになる原因があると思ったので笑顔で「○○君と△△君ね、私は□□の母です。□□がこういう事があったと言うんだけれど、□□がなにかしたかな?」と聞きました。
私も緊張や苛立ちで作った笑顔が引きつっているのが分かりました。

2人はそれぞれ、机に掛けてあるバッグの持ち手が片方外れていて直さなかった、歩いていたら息子が出していた足に引っかかって腰をぶつけた、睨まれる、心臓が痛いといっているのにプールに入っているというような事を言いました。




トピ主3   ぶぽ(トピ主)   2009年9月15日 16:14

私も一つ一つに、気をつけるように言うね。そういう時は蹴らないで言葉で言ってね。目つきはもともとあーいう顔だから(苦笑)睨まないように言うよ。と答えました。
心臓の事は学校でも頻繁なのかなと心配になりましたが、「緊張したり心配するとお腹が痛くなるでしょ難しい事すると頭が痛くなるよね、それと同じで心が痛くなると心臓も痛くなるのよ、病気じゃないからプールには入れたんだよ」と言うような事を言いました。

言い訳を聞きながら泣けてきました。
自分でも不思議ですが、この子が惨めで憐れで抱きしめたくなりました。(オバちゃんに抱きしめられたら気持ち悪いだろうと思ったので)最後にこれからもよろしくねと言って2人の頭をガシガシ撫でてきました。

本当は憎たらしいし、胸倉つかんで親呼んでこい!くらいの勢いで行ったのに・・・。
でも、言い訳しているときにその子からヒシヒシと〈何ヲイッテモ否定サレマス〉というような感じを受けたからかもしれません。叱ること以外に愛情と肯定も必要な子だと思いました。

続きます。




トピ主4   ぶぽ(トピ主)   2009年9月15日 16:27

その後、先生と話をしたら私が言いたい事はすでに分かっていて下さったし
頼りになる先生だったので、次の授業が始まるためすぐに帰ってきました。

あの子たちの頭を撫でたのは余計な事だったでしょうか?
いじめられっ子のお母さんに撫でられて今までしてきた事を肯定してしまったのでしょうか。

これからは息子が「学校へ行くのが楽しみ」と言えるよう頑張ります。
人のお子さんをどうこうするのは難しいけれど息子が幸せになれるよう働きかけてみようと思います。

初投稿なので長文、読みづらいところが多々ありますが読んでくださってありがとうございます。学校から帰って、文を書くことで落ち着かせて頂きました。




ありがとうございます   ぶぽ(トピ主)   2009年9月15日 19:19

ポテチ様ありがとうございます。励まされます。

そしてさっき先生から電話がありました。
身体測定の後、余った時間を使ってクラスで話し合いをしたそうです。お母さんが来てくれて、優しく言い聞かせるように言ってくれてよかったと言ってもらいました。

クラスの雰囲気が急に変わるとは思いませんが、よい方へ向かって欲しいです。




ありがとうございます   ぶぽ(トピ主)   2009年9月16日 12:19

のりこ様、経験談読ませて頂きました。子供がされている事を考えると胸がしめつけられるようですね。でも学校へ行っていじめがなくなってよかったです。うちも、のりこ様のようにスッキリ解決するとよいのですが・・・。

夜に、その子のお母さんから電話があり、「先生から話を聞きました、感謝しています。」と言うような事を何度もおっしゃられました。そして「前から気にはなっていて電話をしようかと思っていた。」とも。
私は「悪い子ではない事は分かってるのでこれからもよろしく。」と言うような事を言いました。
また「お顔が分からないので・・・。」とおっしゃっていたので明日の参観日に声をかけてみようかと思っています。私も相手のお顔は分かりませんが、参観の後の懇談会で子供の席に座るので確認できるかなと。それともこちらから声をかけたらいやみっぽいですか?

とりあえず参観日に学校に行って教室の様子をみてきます。




ありがとうございます   ぶぽ(トピ主)   2009年9月17日 9:41

16日16時46分掲載まで読ませていただきました。
個別にお返事できませんが読ませていただき胸が熱くなりました、本当にありがとうございます。

体験を書いてくださった方々、勉強になります。こちらにも相手をイライラさせるところはあるのでしょうけれど、それを暴力や暴言で返されるのがよいとは思いません。難しい問題ですけれどお互い頑張りましょう。

学校に乗り込む、親呼んで来い、をマズイと思って読んで下さった方々、先生の立場から読んで下さった方、結果はこのようになりましたが、家を出る頃はそう思っていました。学校へ向かいながら息子と話をしていて私の方が落ち着いてきたようです。
私が息子に「やめてと言ってもやってきたら殴っていいよ、お母さんが話をつけてやるから(相手の親が出てきたらこちらの言い分をぶつけたい)」と言ったら、「いくらあの子でも殴りたくない」と言っていたのでけしかけた私が反省しました。

そしてこんな私を強い、優しい、素敵な、お母さんと言ってくださった方々、私はそんな素晴らしい母(笑)ではありません。

すみません続きます。




つづき   ぶぽ(トピ主)   2009年9月17日 10:21

去年、息子にかわいそうな事をしてしまったので今回頑張ってみたのです。

クラス替えがあって、息子が暴言やしつこいちょっかいで体の調子が悪くなりました。お腹が痛いと言っているのに私は「頑張れ」としか言っていませんでした。相手も悪いけれど、息子が強くなればいいと思っていたからです。
そのうち眠っているとき「やめて、やめて」と手足をバタバタさせて暴れながら泣き叫ぶようになりました。眠りながらなのでなだめても聞こえないようで、それが何度か続きました。

先生と話をすると、いろいろな人がいるからお互い理解しあわなくては、ということでしたが、もう息子は体と心がついていかなくて不登校になりかけていましたので、相手の親はこの事を知っているのか聞きましたが先生は黙ったままでした。

先生はいろいろして下さっているのだろうけど状況は何も変わりそうになかったのに、私は相手の子と親になんの行動も起こさず、息子に強くなるよう要求してしまったのが親として不甲斐なく、今回こそ、と学校に乗り込んでみたのです。

すみませんまた続きます。




つづき   ぶぽ(トピ主)   2009年9月17日 10:43

今年の担任にどんな親かきいてみたら、手で目の前にシャッターを下ろす様なしぐさをして「前任も苦労したそうです」とおっしゃたので詳細は聞きませんでしたが、親と話をするのは難しそうだと思い、私が行動を起こすのはここまで、と思いました。

相手の親の態度やちくったこと、問題が陰に隠れることを心配してくださった方々、親に言っても無理と思いましたが、その親から嬉しいことに電話をいただき、何かあったら電話してくださいと言っていただけたましたし、昨日息子に聞いたら何もされなかったと言っていたのでとりあえず様子をみてみます。

そして、頭を撫でたことはそのときの私の気持ちそのままでしたが、撫でたことでなめられたり、いじめを肯定してしまわないか心配でした。そしてガツンと言った方がよかったのではと思い始めていました。でも皆さんに、それでよかった、と言ってもらい安心しました。

このトピを立てて皆さんに元気をもらい、私が気付かなかったことを教えていただき感謝しています。ありがとうございます。
午後から授業参観ですがなにかあったらまたご報告させていただきます。




ありがとうございます   ぶぽ(トピ主)   2009年9月18日 12:15

皆さんレスありがとうございます。17日17:51の投稿まで読ませていただきました。
個別にお返事できなくですみませんが、何度も読み返しています。

あの子たちの言い分:先生は2人の子が教室にもどってから、「何の言い訳にもなってない。」と、確かに些細な事です。
でも、子どもの頃反対の立場を経験された方もいらっしゃいましたが「僕は・・・、僕が・・・」と言い分を分かってもらいたくて一生懸命説明していて、言い終わるとふっと心を閉ざしてこちらを拒否しているようにみえました。
ただ「そうか、分かった。」と聞いて欲しいだけのようような気がしました。
それで〈何ヲイッテモ否定サレマス〉と感じて撫でました。でも本当は、〈ウザイオバチャン早クカエレ〉だったかも(笑)。この辺は私の独りよがりの自己満足です。
そして息子には(きっかけを与えないよう)身の回りをきちんとすることと、眼科で様子を見ましょうと言われていた眼鏡を作ろうかと言いました。




ありがとうございます   ぶぽ(トピ主)   2009年9月18日 12:26

ジャ●アン、平成でも健在ですね。あの子もそのタイプかもしれません。
陰湿なことはしませんが、生きるパワーがあり、目に入るもの皆ウザイと言う感じで攻撃しているように見えます。のび太タイプの息子のパワーでは太刀打ちできません。
そして相手と話をしたお母さん方、子どもが自分の力ではどうにもならないときは親の力も必要ですね。

私の喜怒哀楽の幅は狭いと思います、テンションが低く怒りを感じるのがワンテンポずれるので怒るきっかけを逃してばかり(でも宿題!片付け!はすぐ出てきます笑)。臆病なのですぐ実行できず、頭で考えるばかりです。でも今回は今までの事があるので、即行動しました。教えて頂いた本、探してみます。

授業参観ですが、息子が発表する番になると心臓が痛いと言い始めました。併せて過呼吸も起こっているようでハァハァしながら涙ぐみ、胸をこすっていました。
私はせいぜい胸がドキドキして痛い位にしか思っていなかったので・・・。
早急に対策を考えます。以前の発表大好きにもどれるように。

読んでいただいてありがとうございました。
明日からの5連休、皆さん楽しく過ごせますように。




ありがとうございます   ぶぽ(トピ主)   2009年9月24日 10:44

皆さんのレス何度も読み返しています。ありがとうございます。
お一人お一人にお返事できなくてすみませんが、心の中でお返事を返しながら読ませていただいております。

そして簡単ですが、連休前までのご報告をさせていただきます。

参観のとき息子の過呼吸のような状態と懇談のお話の中で、その日に一人の子(息子ではありません)の誰でもするようなちょっとした失敗を何人もの子が責めた、という話を聞いてがっかりして帰ってきました。
それとよくある事ですが、息子が遊ぶ約束をしていた子を別の子が、俺と遊ばないと絶交だと言って、約束が無しになったことも、最近誰とも遊ぶ約束をしてこない日が続いていたこともあって残念でした。

しかし参観の次の日、息子が帰ってきて嬉しそうに「○○君(私が話をした子の一人)が先生に(昨日出来なかった)発表をやったら?と言ってくれて、ドキドキしたけど発表ができたよ。」と話してくれたので、あの子が!?と嬉しく思っていました。
そして先生がお電話を下さっておっしゃっるには、




ありがとうございます   ぶぽ(トピ主)   2009年9月24日 11:36

「○○君が優しい口調(普段は「あいつだけやらねぇなんてずり~」という感じ)で発表をしたら?と言ってくれたけど、息子は昨日と同じような過呼吸の状態で、先生「頑張ってやってみよう」息子「できない」の押し問答が続いていた。すると□□君(私が話をしたもう一人の子)と他の数名が、昨日発表は済んでいるけどもう一度発表してくれたので、それに続いて息子君も発表できた。」と教えて下さいました。

息子が「ドキドキしていたけど○○君が面白い事をやったので皆と一緒に笑ったら気が楽になって発表できた。僕の為にやったのかは分からないけど、それがよかった。」とも言っていたので、その事を先生にお話しして、「○○君に嬉しかったと電話したら迷惑でしょうか」と聞いてみたら、「是非お願いします。」という事でしたので、しつこいかなと思いながらも電話をしました。

お母さんにお話したら、子どもに言ってあげて下さいとおっしゃたので、お互い子どもと替わって話をさせ、「嬉しかった」「いや、別にいいよ」という感じで話していました。

ちょっとやりすぎ?偽善的?とも思いましたが、子供同士お互いプラスになりそうだったのでよかったかな?と。




ありがとうございます   ぶぽ(トピ主)   2009年9月24日 12:14

そして息子の体を心配していただきありがとうございます。
何か心の支えになるものをと思い、お守りを探していたらパワーストーンに思い当たりました。そして私が一人暮らしをしていたとき母にもらった500円玉位の大きさの水晶の珠があったのを思い出したので、それを押入れから引っ張り出して水と塩で清めました。
それを息子に「これにはスッゴイパワーがあるんだよ、それに悪い物を全部吸い取ってくれるよ。」と渡すと「すっげー、かっこいい!」と喜んでランドセルの中に入れて登校しました。
単純な子だし、まだ不思議な力を信じている(笑)ので、効果を期待しています。

皆さま、こんな重い内容の長文を読んでくださり、いろいろな方向からの考えや体験談をいただき、ありがとうございます。
ちょっと前にランキングが上がってしまい、また自分だけでなく相手のあるトピなので書き込むのを迷いましたが、ランキングも落ち着いてきましたのでご報告させていただきました。
連休がありましたのでクラスの状態ももとにもどっているのではと思いますが、もし何かありました時にはご報告させていただきます。
ありがとうございました。




報告   ぶぽ(トピ主)   2009年11月30日 12:05

皆さん、たくさんのレスをありがとうございます。
参考のために経過を・・・というレスを頂いておりましたので、現状報告をさせていただきます。

簡単に言うと、いじめっ子達は相変わらずで、息子は少し強くなりました。

以前はいじめっ子を怖がって避けていましたが、いじめっ子が先生に叱られて謝ってきた時に
「謝ってもまた同じ事をするから許さない。」と言ったそうです。
また、先生の計らいもあって、お友達と遊ぶようになり、以前よりずっと楽しく
学校に通えるようになりました。

しかし、今度は別の子が学校に行けなくなり、数日お休みしました。
その子は息子が困っていたとき、支えになってくれた子なので、今度は僕がと
「何か言われたら僕が言い返してやる、寂しいからおいで。」と電話していました。
(多分言い返せないと思いますが・・・)

パニック(?)の方は、授業中に指されて答えるのはできるけど、
前に出て注目されながら発表するのはドキドキするようです。
でも前よりずっと良くなっているように思います。




報告   ぶぽ(トピ主)   2009年11月30日 12:08

いじめっ子は仲良くしていた友達を攻撃したりもするので、一緒になって嫌な事を言っていた子が
今度は言われる側になることもありますが、いじめっ子が一人ぼっちになることはないようです。
魅力のある子なのでしょうね。

また、兄姉のいる4年の教室に遊びに来た、1年の子をからかうことが前から何度もあって、
この前ついに喧嘩になり、1年生1人対4年生5~6人だったこともあって、
傍観していた子も含め、かなり叱られたようです。
半泣きで1年の教室へ行き、クラス全員の前で「~してすみませんでした。もうしません。」と
一人一人謝り、1年生は声を揃えて「かんばってください!」と言ったそうで、これには苦笑しました。

まだまだいろんな事が起こると思いますが、息子は、心が挫けて自分ではどうすることもできない
状態からやっと抜け出せたようです。
これも何度もしっかりと向き合って下さる先生と、息子を気にかけてくれる友達がいてくれた
おかげで、本当に有難いと思っております。




報告   ぶぽ(トピ主)   2009年11月30日 12:11

また、学校に行ったことで不安になっている私を励まして下さった皆様、
体験談を寄せて下さった皆様、息子と夫を褒めて下さった皆様、
レスしなくとも気にかけて下さった皆様、言葉に表せないほど感謝しております。
本当にありがとうございました。

私が皆様から頂いた温かい気持ちを、いつかお返しできますように、
皆様に幸せが訪れますように、お祈りしております。
ありがとうございました。







管理人コメント

子供の件は難しくて考えさせられる事例でした。とりあえず解決したようでよかったです。



関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。