大至急!嫁が里帰り・その後   ☆☆☆☆ - 発言小町まとめ 『ちゃんと解決したトピ&結論まで到達した』トピ集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大至急!嫁が里帰り・その後   ☆☆☆☆

大至急!嫁が里帰り・その後   きみこ   2009年6月8日 9:22

前トピで沢山のご助言をいただき、ありがとうございました。

やはり夫と伯母達を謝罪させるのは無理だと思い、私だけでもと連絡を試みたのですが携帯は繋がらず、次男にもあしらわれ嫁のお母さんにも何も教えてもらえず、退院が間近に迫っていたので昨日の午後に病院を訪ねました。すると午前中に既に退院しており次男宅も留守、慌てて実家に連絡してみましたが、こちらには誰も帰ってきておりませんが・・と言われました。家人の方の嘘なのか、それとも本当に帰って来ていないのか真相は不明です。とにかく帰られたら連絡を下さいとお願いしましたが、何もありません。




夫には知らせず私だけで何とかしようと思っていたのですが、今朝出勤前の夫に退院の時間や、帰宅したらすぐに次男宅に行くと言われ、事の次第を話したところ激怒し、今すぐ長男と実家に迎えに行き、連れ戻して来いと怒鳴られました。そんな事はできません、それならあなたが行って下さいと思わず言い返してしまい更に火に油を注いだ状態になってしまいました。

ですが、嫌な事はすべて私に押しつける人ですので、お前が何とかしろと言いながら出勤して行きました。








トピ主です つづき   きみこ(トピ主)   2009年6月8日 10:52

次男に事の次第を説明し、とにかく嫁の居場所だけでも教えてくれと頼みましたが、心配いらない・もう関わらないでしばらく大人しくしていてくれ、夫にも自分から説明するから大丈夫だと言われたので、その通りにして落ち着こうと頑張っています。思い起こせば今までに色々な事があり、お嫁さんにしてみれば耐えられなかったのだろうと今更ながら可哀想になりました。私が受けてきた仕打ちに比べれば全然取るに足りないと思っていました。夫の下に年の離れた弟がいますが、結婚した時に二十歳そこそこだったお嫁さんをいびり倒し、めったに帰省もできないような遠い場所に引っ越していきました。私は当時、やっと自分が伯母達の標的から逃げられると思い、一緒になってお嫁さんをいびりました。これで伯母達と仲良くなれると安心しました。しかしいなくなったらまた私が責められ、特に長男が仕事を辞めて婚期を逃し、夫が軽い脳梗塞を起こした時にすべて私の責任だと吊るしあげられ絶望している時に次男の結婚が決まったので、これで矛先が次男の嫁に少しでもむけば楽になると思ったのです。




トピ主です。2   きみこ(トピ主)   2009年6月8日 11:21

次男夫婦が私達の近距離に新居を構えたのが5年前で、それまではそれなりの距離感があり、表面上だけでもうまくやってきました。しかし近居になってからは伯母達や夫の干渉もひどくなり、私は訪問を控えていましたが、特に夫が偵察というかそのような感覚で頻繁に行くのでご近所の方に不審者と間違われ通報された事も一度ありました。

現在は回数は減ったものの、通りすがりに自転車やバイク等で見てくる事はしています。親が息子の家に行くのが何が悪い、財産分与で建ててやった家に住めて文句があるはずないと夫の言い分ですが、以前嫁に、無理やり家を建てさせられ、住みなれた便利な場所から田舎に転居して、しかも周りが親戚だらけで何が嬉しいと思いますか?私は大きな家なんかいりませんでした。

分相応の所に住み家族仲良く暮らせれば良かったのに多額のローン(家屋だけで四千万)を背負い、親族との軋轢に悩み、夫との仲も悪くなりました。と泣かれた事があります。その時も、もう住んでいるのだから仕方ない、先を見て暮しなさいと言いました。最近ではそういう事にも慣れた様に見えていたので、安心していたのですが実際は違っていたのですね・・・。




トピ主です 3   きみこ(トピ主)   2009年6月9日 18:57

昨日の夜から家を出て、姉の所に居ます。帰宅した夫に散々怒鳴られ、耐えられなくなりました。連絡さえも取れないのに連れ戻すなんて不可能ですと言って出ました。長男はひたすら無視を決め込んでいました。今日は夫が出張なので、とりあえず身の回りの物を取りに戻り、こちらを開いたところ沢山のレスを頂いており、感謝致しております。

姉とも色々話し、夫の親族は常識でははかれない人達である事、それに私も感化されてどんどん変わっていってしまったのを悲しい気持ちで見ていたと。夫及び親族を変えるのは出来ないだろうから、私が変わりなさい・長男とも向き合いなさいと言われました。私自身も悩み苦しみ、家に居るのが苦痛であった為、外で働きお金を稼げば文句も言われまいと必死でした。

頑張ったかいがあって、蓄えも増え、土地を買ったりして伯母達にも多少は認められ、息子たちも安定した職に就き、後は結婚して敷地内に兄弟二人が並んで家を建ててくれれば良しと言うところまで来ていました。ところが長男が職場での対人トラブルから退職してしまい、一時引きこもりに近くなってしまった頃から状況が悪化していきました。もう10年になります。




トピ主です。 4   きみこ(トピ主)   2009年6月9日 19:11

今は引きこもりではありませんが、外で働く事、結婚に対しては全く本人の意思が見られないため、あちこち相談したり勉強したりと走り回りましたが、何も変わりませんでした。今は家に居ればそれで良いかと諦めています。

長男がこうなったのも私のせいだと伯母からも夫からも責められ続け、唯一の希望が次男でした。それ故、私も一緒になって次男夫婦を犠牲にしている事に気が付きませんでした。皆さんが、よくて絶縁・最悪離婚だと仰るのも正直ピンとこず、子供が親を捨てるなんて、まして優しい次男がそんなはずはないと思い込んでいました。

先週末から仕事を休み、ひとりで大騒ぎをしていた自分ですが、姉のところで頭を冷やし、夫・伯母達・長男の事をよく考えてみるつもりです。次男には連絡が取れるので、状況は伝えておきました。お母さんも頑張れと励ましてくれました。自分達の事は心配いらない、嫁も子供も大丈夫だからと。私もしっかり向き合ってみます。




トピ主です ご報告   きみこ(トピ主)   2009年6月15日 9:44

家を出て一週間経ちました。今日から出勤しますので、仕事道具を取りに家に寄りがてら書き込みをしています。取り急ぎご報告を。夫は電話してきては怒鳴り散らすばかりなので、着信拒否にしました。週末次男から連絡があり、土曜の早朝に夫と伯母達が嫁の実家に行くんだろう、連れて行けと押しかけ、どう言ってもきかないので車に乗せて反対方向へ三時間ほど走り、最寄りのJR駅に降ろしてきたそうです。夫は運転しませんし、伯母達も長距離は運転できませんので、どこに向かっているか気が付かなかったようです。

嫁と嫁実家の家人の方たちに説教してやると息巻いていて、外の景色も見ていなかった様ですが。その時に夫がお祝いとして出した30万と、伯母達のお祝いも全部返し、これでどうにかして帰れ、まさかとは思うが、もし嫁実家に行っても、そこにはいないから。家人に警察呼ばれるだけからと言って置き去りにしたそうです。伯母達はポカンとし、夫だけが逆上していたそうですが、一切無視して帰ったそうです。夜に長男に電話したところ、ちゃんと帰宅していました。




トピ主です ご報告2   きみこ(トピ主)   2009年6月15日 10:02

長男につきましては、色々とご心配頂きありがとうございます。家を出て暫くした頃に、自分も一緒に姉の家に置いてくれと言ってきました。しかし、家を出てしまえば私の収入以外は何もありませんから、長男を養う事は出来ないので、自分が働く事を考えるか、無職のままがいいのなら今まで通り夫といなさいと返事をしました。このままで一生を終えるなんてやはり間違っていると思ったからです。しかし甘やかし、打たれ弱くてプライドだけ高い田舎の長男に育ててしまった私の責任もありますから、様子を見ながら対応していくつもりです。

夫は世間体が大事ですから、離婚は口にしませんが怒り心頭のはずです。姉の家にも怒鳴りこんで来るかと思いましたが、それもなく、家の電話にもかけてこないので、不思議に思っていると、あの人は私が苦手だからねと姉が笑っていました。また話してあげるよと言っていたので、以前に何かあったのでしょうね。長男がパソコンを使うので持ち出せなく、姉の所も繋げる環境ではないので、なかなか書き込めませんがお許しください。沢山の叱咤激励ありがとうございます。頑張っています。




トピ主です   きみこ(トピ主)   2009年8月4日 9:12

今日は主人が旅行で留守なので、久しぶりに帰って来ています。長くご報告できず、申し訳ありませんでした。まだ姉の家に居て生活しています。実は姉は病気療養中ですので、お互い助け合いながらの毎日です。主人とは全く連絡を取っておらず、時々長男から様子を聞いていました。伯母達も私には何も言ってこないので収まっているかと思っていましたが、お嫁さんの実家に電話や手紙を出し、とうとう家人の方から次男に「内容証明を出して警告し、それでも止めないなら警察にストーカー行為になるか相談した上で対処します。
こちらではもう手に負えません、本意ではありませんが分かっていただきたい」と連絡があったそうです。伯母は4人いて、それが入れ替わり立ち替わりで電話し、手紙を出すのですから、当然の事です。次男は7月の初めに長期の出張が急に決まり、九月末までは留守にしているので、お嫁さんもそれまでは実家に居る事になっていました。涼しい田舎で夏を越したほうが赤ちゃんの為にも良いですから私も賛成でした。ですがそれを知った主人が当初1ヶ月の里帰りだったはずなのに、許さないと怒り、伯母達にも知らせてしまったようです。




トピ主です その2   きみこ(トピ主)   2009年8月4日 9:41

伯母達は待ってましたとばかりに、電話し手紙を出し続け、初めは対応していた家人の方達もとうとう限界を超えてしまい、内容証明云々になってしまったそうです。激怒した次男はすぐに戻って来て、伯母達の家を次々訪れ、内容証明の件・警察の件等を家族の前で話し、伯母達はもちろん、家族の者達にも、どうしてこんな理不尽な行為をさせているのか、何も知らなかったのか、とにかくもう自分達には一切関わらないでくれ、絶縁する。と言ってきたそうです。
その後内容証明が届き、慌てた伯母達の家族が伯母達をいさめ、現在は収まっています。しかしそろそろお盆が近くなり、毎年家でお墓参りの後に会食をするのが恒例でしたので(主人と伯母達だけ)焦った主人が長男を通して、帰って来て準備をしろ、やったら家に戻るのを許してやると言っていますが、戻る気は全くないので、お墓の掃除とお仏壇の掃除だけして会食は何か配達してもらうように長男に指示しました。今日はこれから掃除をします。思えば、次男が結婚してからお盆もお正月もお嫁さんを実家に行かせた事など一度もなく、それを主人が伯母達に自慢げにしているのを当たり前だと聞いていました。




トピ主です その3   きみこ(トピ主)   2009年8月4日 9:57

本来なら遠い実家にこそ、お盆やお正月に帰るべきだったのに、私自身が近くから嫁いできているのと伯母達も近隣に嫁いでいるので、その感覚がマヒしていたのだと思います。そして年に二回の里帰りも快く思わず、帰ってきたら主人と一緒になって嫌味を言ったりしていました。すべてがこんな調子でしたから、お嫁さんはどんなに辛かっただろうと今更ですが後悔しています。
今は謝りたい気持ちでいっぱいですが、お嫁さんのほうから連絡をくれるまで待っているようにと次男に言われていますので、毎日色々考えながら暮らしている次第です。赤ちゃんのお宮参りやお食い初めも、夫婦で好きにしたら良いから、私や主人の事は無視しなさいと伝えてありますので、直接赤ちゃんの顔を見られる日もまだまだ遠いと思います。ともすると以前の私に戻りそうになる時があり、それを打ち消しながら頑張っています。長年の物の考え方はなかなか修正できませんが、それをやってこそのこれからの人生ですので、私なりに努力したいと思っています。また何かありましたらご報告させていただきます。皆さまありがとうございました。心より感謝致します。




トピ主きみこです。   きみこ(トピ主)   2009年11月9日 9:26

最後のご報告から、かなりの時間が経ってしまいました。

あの後もずっと姉宅で暮らしておりました。主人からは相変わらずの、帰ってくれば許すとか謝れば水に流すとかの全く反省のない言葉ばかりで、放置しておりました。伯母達も家族に諌められたのが応えたようで、次男家族には関わらないようにしていたようです。

ただお彼岸の際には集合して主人と文句を言い合っていたようですが・・。次男のお嫁さんと赤ちゃんですが、私とは全く連絡が取れず、当然直接顔を見る事も叶いませんが、すべて私が悪いのですから、ただじっと待っている状態です。次男から、とにかく接触するなときつく言い渡されておりますので、それを守るしかありません。ところが先日大変な事が起きてしまいました。

里帰りから帰ってきたお嫁さんが夕方赤ちゃんとお風呂に入っており、気配を感じて振り向くと、なんと主人がドアを開けて覗いており、お嫁さんが錯乱状態になり、過呼吸のような発作を起こして倒れてしまい救急車で運ばれてしまったのです。心配だからと一緒付き添って帰って来てくれたお嫁さんのお母さんが気が付き、対処してくださったそうです。




トピ主きみこです 2   きみこ(トピ主)   2009年11月9日 9:45

戸締りはしっかりしてあったので、どうやって入り込んだのか次男が問いただすと、なんと勝手口の合鍵を持っていました。台所と洗面所の2か所の勝手口の合鍵を持っており、台所では、お母さんが食事の用意をしていたので、そこは諦めて(夫はお嫁さんが料理をしていると思った)洗面の方を開け、入ってすぐのお風呂場に人影と声がしたのでドアを開けたそうです。そこでお嫁さんと鉢合わせして・・。お嫁さんは倒れながらも赤ちゃんをしっかりと抱いており、赤ちゃんに怪我はなく無事だったと聞かされました。そこまでするとは、呆れるやら腹が立つやら、もうどう言ってよいかわかりません。合鍵は、家を建てた時に請け負った親戚の工務店が渡していたことがわかりました。幸いお嫁さんはすぐに退院出来ましたが、家には帰らずまた実家へと戻る事になり、お母さんはもちろん家人の方も離婚させると大変怒っておられます。次男は離婚は絶対にしない、そのかわり親兄弟、父方の親戚とは絶縁して引っ越しもするので許して下さいと土下座し、お願いしている状態です。




トピ主きみこです 3   きみこ(トピ主)   2009年11月9日 10:13

次男は家を知人に貸す事にし、引っ越しを決め、引っ越し先は私にも教えてくれません。せめて手伝いをと言ったのですが、それも拒否され・・。日時はもう決まっており、その間夫が邪魔をしないように長男に旅行という名目で何泊か、どこかへ連れて行ってくれと頼んでいるようです。すべて内密に済ませようと奔走しています。夫がこの事を知り、家を貸した知人に迷惑をかけないように防犯会社とも契約したそうですし、何かあれば即遠慮なく警察に通報してくれと言ったから、身元引受人に呼び出されるかもしれないが了承してくれと冷たく言われました。お嫁さんが帰って来てから、たったの三日しか経っていなかったそうです。夫は頻繁に様子を見に行き、洗濯物に赤ちゃんの物が干してあるのを見つけて入ったそうです。夫は言い訳として、お風呂を覗くつもりではなかった、家に居る嫁に説教をして、態度を改めさせようと思ったと言ったそうですが、無断で合鍵を使って侵入し、風呂場を覗き娘を病院送りにした。到底許せる訳がない、救急車を呼んだり赤ちゃんを保護したりで警察を呼べず、表沙汰にならなかったのをありがたいと思えとお母さんに怒鳴られ、謝罪もせず帰宅。




トピ主きみこです 4   きみこ(トピ主)   2009年11月9日 10:22

すべてを次男から聞かされた私は、どうしていいか、何と詫びたらよいのか、正直混乱してしまい、何も言えずただ泣くだけでした。次男は淡々と、私が夫と夫婦で居る限り一生自分達には会えないと思ってくれ、これからの人生を考えてほしい。それだけ言いました。私自身は、このまま別居状態でしばらく様子を見て・・と思っていましたが、結論を急がねばならなくなった事に焦り、不安になっています。




トピ主きみこです 5   きみこ(トピ主)   2009年11月11日 17:59

皆さんのご意見をひとつひとつ何度も何度も読み返しています。

本当にありがとうございます。
今まで放置していた結果こうなってしまった・・その通りです。

言い訳になってしまいますが同居の姉が病をを再発してしまい、入院退院・療養となりその事で一杯になっていました。私を支えてくれた姉ですので、精一杯尽くそうと頑張っていた矢先の出来事です。

主人と長男は今朝早朝に出掛けたようで、渋っていた主人ですが伯母達を同行させると聞くと嬉々として出掛けたようです。次男の策で、一週間は帰ってこない、早々には帰ってこられない場所のようです。

私にも、その間に自分の荷物や必要な物をすべて持ち出し、必要な手続き等もしておくようにと言いました。これからも夫婦でいるなら、そのままにしておいたら良いが、今後一切手助けはしないと。

つまり主人が留守の間に決断せよという意味です。姉にも相談できず、ここで皆さんのご意見を読み、冷静に結論を出そうと必死で考えています。




トピ主きみこです 6   きみこ(トピ主)   2009年11月11日 20:29

昨日の夜ですが、お嫁さんのお母さんに電話をして、とにかく謝りたいとお願いし話を聞いていただきました。そこで皆さんから指摘のあった、主人がお嫁さんを性的対象として見ていたのではないかという事を言われ、私自身は全く気付かず、むしろ興味が無い方だと思っていたと伝えました。ですが、お嫁さんがお母さんに打ち明けていた話として、親戚の法要があった際、隣に立っていたお嫁さんの脚を触っていて、お嫁さんは当時2歳の長女が足元にまとわりついていたので、てっきり長女だと勘違いしていたが、ふと見ると主人が素知らぬ顔で触っていて、驚いて手を払いのけたが、誰にも言えなかった。家に頻繁に訪ねてくるので、居留守を使ったら裏の勝手口に行き、下着の干してあるハンガーを回して見ていた。痩せた・太ったとしょっちゅう言われた。等々、聞いていて血の気が引きました。主人は70も半ばですし、普段の会話からして性的なものを感じる発言は無かったので思いもしませんでした。そして、主人がお嫁さんに、私が若い頃からずっと働いていて、夜遅くなっても帰って来ず、家事も育児も義母にまかせっきりで不満だった。今になっても出歩いてばかりで困ると。




トピ主きみこです 7   きみこ(トピ主)   2009年11月11日 20:42

つまり、私がずっと家を空けていたせいで、ご主人は淋しかったのではないですか?この年になってと仰いますが、その当時の反動が出ているのではないですかと言われました。確かに結婚してすぐに長男を妊娠・出産して、そんなに間を空けず次男を出産したので、婚家に於いての責任は果たせたと思いました。その次に考えたのは、財産を増やして伯母達に認めてもらう事でした。それで必死に働き、今に至ります。私が主人をないがしろにしたせいで、こんな事になってしまったのかと愕然としています。皆さんの仰るように離婚が一番だと、この話を聞くまでは思っていました。縁を切り、私の人生を始めようと思いました。しかし、主人を放り出し、ひとりにして果たして良いのだろうか、私の責任は無かった事にして良いのだろうかと考えてしまいます。




トピ主きみこです。 8   きみこ(トピ主)   2009年11月15日 16:59

長男より電話があり、予定より早く帰りそうなので急いでくれと言われ、あれこれと動き回っていました。

皆さまからのお言葉、大変感謝しています。とにかく、もう戻る事が無いように荷物をまとめ、通帳や保険等々の手続きもできるだけやりました。離婚に向けて動く事に決めました。ご意見にもありましたが、私はもはや次男夫婦に許してもらえるとは思っていませんし、孫達にも2度と会えなくても仕方ありません。

私の責任とは、あの主人をひとりにして、周りに迷惑をかけてしまうのではないか、それを誰が止めるのか。それが心配で離婚できないと思っていたのです。しかし長男が、自分が一緒に住んでちゃんと監視する。

今までは何も言わず、ただ見ていただけだったが、こうなってしまった以上自分しかそれをする者がいないと思う。自分はずっと早くから父の異常性と暴君を理解していた。長男だからと押さえつけられて、職も自由に選べず、分不相応な場に無理やり就職させられてうつ状態になり、結局退職してしまった。

もう人と関わって仕事をするのが怖い。結婚も、無職の身で出来る訳がなく、親と伯母達が弟夫婦にした事を見たら、怖くて出来ない。僕はすべてをあきらめたと。




トピ主きみこです。 9   きみこ(トピ主)   2009年11月15日 17:18

いつもただ寡黙にしている長男が泣きながら話すのを聞いて、また心が揺れましたが、ここで考えを変える事は出来ないと思い、私も泣きながら長男に夫を頼むと伝えました。実は夫の弟から連絡があり、次男が、兄弟である叔父さんに警察から連絡があったりしたら迷惑をかけるから、何と言われても無視してよいし、兄にちゃんと頼んであるから大丈夫だと思う。自分達は縁を切り、居場所も知らせず引っ越すけど、申し訳ないと言っていたと。夫の弟夫婦は、この地から出て行って久しく、冠婚葬祭時しか帰ってこず、普段のつきあいはありません。それは夫と伯母達、そして私による壮絶ないびりがあったせいです。弟は、何十年経とうとも、妻は当時の事を鮮明に覚えていて、死ぬまで絶対許さないと言っている。長男嫁なら、伯母達のいびりも知っているのだから、かばってくれると思っていたのに一緒になって、まだ二十歳そこそこの妻を嬉々として虐めた。だからすぐに転勤願いを出して、遠く離れた。兄も年若い妻を好色な目で見て、卑猥な言葉をかけたり、隙あらば触ろうとしていたそうだ。離れてからは、自分も妻も本当にのびのびと暮らせて、心穏やかに過ごしてきた。




トピきみこです。 11   きみこ(トピ主)   2009年11月16日 9:02

自分も妻も落ち着いた生活を送っていたので、息子の結婚が決まった時にも本当は呼びたくなかったが、後々ぐずられるのが嫌で結婚式に招待したが、その時の義姉さんの服装を覚えているか?真っ白のツーピースに、つばの広い大きな白い帽子。まるで皇族のような格好、披露宴でも帽子を取らず上品ぶって座っていただろう。あれを見て、妻は怒りをこらえるのに必死だった。
近い親族がそんな恰好をして、お嫁さんの親族にはもちろん、出席者の方々にも顰蹙を買っていたのに気がつかなかったようだが、あれは自分で考えて着てきたはずだ。あれから、自分達はもう縁を切ったつもりでいる。今回の件で、この際兄とも姉たちとも、その親族とも完全に縁を切る。
今後一切の冠婚葬祭も知らせないでくれ。当然兄弟の誰かが亡くなってもだ。本家長男としてやっと生まれた兄を両親や姉達が大層可愛がり、大事にしてきたのを見て育った。自分はどうでもいいような扱いを受けて、早く家を出たいとそればかり思って生きてきた。もう解放されたいし、関わりたくないから。兄にも自分から言うので、了承しておいてくれと電話を切られました。




トピ主きみこです。 12   きみこ(トピ主)   2009年11月16日 9:33

義弟からの電話の後、情けない思いや後悔や、さまざまな感情が湧きあがり、しばらく起き上がれませんでした。人生も終盤を迎えたと言うのに、長男には絶望だけ、次男夫婦には離れて行かれ、主人はあのような人間・・・。主人や伯母達のせいだけではなく、自分自身の醜い性格も不幸を呼び寄せていた、それが年老いて誰かに頼ったり心細くなってきた今頃やってきたのだと。

因果応報です。私自身は自業自得だと諦めますが、これ以上周りに迷惑をかけられません。主人とは離婚に向けて話し合います。応じなければ調停を申し込み、何としても決着をつけるつもりです。

主人が帰ってきたらすぐに話をします。今日は荷物を移す最終日で、パソコンも持っていくことになりました。姉の所で繋ぐ環境ができるまで時間がかかると思いますので、この書き込み後はしばらくお返事が出来ないと思います。皆さま、沢山のご意見、叱咤激励ありがとうございました。よい方向に向かえるように頑張ります。






管理人コメント

時間がかかりすぎたけど、トピ主が周りの異常さに気付いてよかった。これからは戦いつつ自分の人生を歩んで欲しいですね。



大至急!嫁が里帰りしてしまいます!  

関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。