亡くなった母からの手紙を巡り父と喧嘩しました  ☆☆☆ - 発言小町まとめ 『ちゃんと解決したトピ&結論まで到達した』トピ集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡くなった母からの手紙を巡り父と喧嘩しました  ☆☆☆

亡くなった母からの手紙を巡り父と喧嘩しました 2011年3月1日 22:30

高校の卒業式を迎えました。
父は「3年間早かったな」と感慨深げで、
「お母さんも天国で喜んでいるよ」と言いました。
母は私が中学生の時に亡くなっています。

夕食の後、父が封筒を渡してくれました。
封筒の表には母の筆跡で私の名前が書かれてありました。
「お前が高校を卒業したら渡してくれと言われていた」と父。
それは亡くなる前に母が私宛てに書いてくれた手紙でした。

「高校卒業おめでとう」で始まった手紙には、私の成長を見届けられなかった事を詫びる言葉、
少女から大人の女性に育つ過程において様々な悩みにぶつかるであろう私に、母親として傍にいてあげられない
事が心残りであると書かれてありました。

全てはここに書けませんが、最後の「思いやりを持った優しい女性になって、お父さんのことを大事にしてあげてね。
私の分までどうか幸せになってほしい。あなたをずっと見守っています」の文を読んで私は泣きました。父も泣いていました。

問題はこの後です。
父は母の私への手紙をまだ預かっていて、成人式を迎えた時、結婚が決まった時、そして母親になった時の3通を、それぞれ
その時が来たら渡すよう頼まれてるそうです。

私は母が何を書いてくれているのか気になり、その3通を今欲しいと言いました。
父は絶対駄目だと言い、私は「お母さんが私のために書いてくれたのだから、私が貰う権利がある」と言い返し、喧嘩になりました。
「絶対渡せない。お母さんとの約束であり、意志を踏みにじることは許さない。お前の事を思って書きながら泣いていたお母さんの
気持ちが解らないのか」と父は激怒。

でも母が私に書いてくれた手紙を本人が欲しいという事がそんなに悪いことでしょうか。
私の言い分は間違っていないと思います。正論過ぎたのでしょうか。
皆さんは、どう思われますか。








ありがとうございます         りいな(トピ主) 2011年3月2日 21:55

ご意見ありがとうございます。
また、多くの方が高校卒業に対してお祝いの言葉をかけて下さり、嬉しく思っています。

昨晩は私も興奮していて、読み返すと恥ずかしい文章を書いてしまいました。
何故あんなに父に強く迫ってしまったのか理解できません。
せっかくの母の手紙なのに、こんなことになって悲しいです。
母もきっと怒っていると思います。

今日の夕食は気まずい雰囲気で、言葉を交わしませんでした。
普段はとても仲の良い父娘ですが、今回のように喧嘩をしてしまうと、
どうやって仲直りをしていいか解りません。

親子三人で仲良く暮らしていたのに、母は闘病生活の末に亡くなりました。
まだ子供の私は、母の側に居てもっと甘えたかったし、色んなことを学びたかった。でも、もう叶いません。
父は私をとても可愛がってくれますし、私にとって自慢の父ですが、やはり男性です。
私は母と女同志の会話をもっとしたかったんです。
だから母の手紙の存在を知り、どうしても全部見たくなりました。

私が我儘なだけなんです。
ごめんなさい。




ありがとうございます         りいな(トピ主) 2011年3月4日 1:11

こんなに多くの方にレスしていただいて、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

父に謝ることが出来ました。皆さんに勇気をもらったお蔭です。
父の好きな料理を作って帰りを待ち、夕食前に思い切って謝りました。
父も「お父さんも言い過ぎた。ごめん」と言ってくれました。

食事後、父が私の部屋に来ました。手には3通の封筒がありました。
「りいなの気持ちも解る。寂しかったんだよな。お前がどうしてもと言うなら渡そうと思う」
私は一度は受け取りました。もっと母の言葉を聞きたかった。
でも皆さんが言われるように、今の私が全てを読むべきではないと思いました。

手紙を抱きしめて私は声をあげて泣きました。大好きだった母がどんな気持ちでこの手紙を書いてくれたのか。
母の思いを大切にしたい。だから、封を開けずにそのまま父に返しました。

私はまだ子供で世間知らずです。一人では何も出来ません。
父の大きな羽の中で守られながら毎日を過ごしている状況です。
もっと精神的にも成長して、優しい父と天国の母に安心してもらえるよう努力していきたい。
今は、そう思います。




皆さん、ありがとうございました         りいな(トピ主) 2011年3月5日 8:10

僅か3日間で、こんなにも多くの方から温かい言葉をかけていただいて、私は幸せです。
何度もレスして下さった方もいらっしゃって、本当に嬉しい気持ちで一杯です。
皆さんの励ましを胸に、春からは大学生として勉強や家事に頑張りたいと思います。

手紙を受け取らなかった代わりに、手紙を書いていた時の母の様子を父が教えてくれました。
「高校生になったら、彼氏できてるかな?(父に)秘密にされたりしてね」
「どんな男性と結婚するんだろ。花嫁姿見たかったな」
「りいなが母親になってる姿は、さすがにまだ想像出来ない。私たちの孫だよね。『おばあちゃん』は抵抗あるな。
でもりいなの子供が、仏壇とかお墓に『おばあちゃん』って話しかけてくれたら嬉しい」

父と一緒に私の将来を想像しながら手紙を書き、泣いては中断し、4通全てを書くのに長い時間かかったそうです。
この話を聞いて、母の私への深い愛情を感じると同時に、父も母の事をとても愛しているんだと感じました。

両親の愛を沢山もらって、私はここまで成長することが出来ました。
父も母も大好きです。私は二人の子供であることを誇りに思います。




レスをして下さった皆さんへ         りいな(トピ主) 2011年3月6日 23:09

トピ主のりいなです。

皆さん、300ものレスをいただき、ありがとうございました。
今の私は、感謝の気持ちで一杯です。
私にとってこの一週間は、忘れられない特別なものになると思います。

母の手紙を知り、父とそのことで喧嘩をした時の私は、本当に子供でした。
でも小町に投稿し、多くの方に諭していただいたお蔭で僅か5日間ではありましたが、
私は精神的に成長できたと実感しています。

温かいお言葉、厳しいお言葉、そして多くのご助言、全てが私の心の財産です。

心から感謝しています。
本当にありがとうございました。

皆さんも、お元気で。


今日、父と一緒に母の墓参りに行き、このトピの事を伝えてきました。
関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。