姻族関係終了後に前妻の娘からの要求はアリですか?  ☆☆ - 発言小町まとめ 『ちゃんと解決したトピ&結論まで到達した』トピ集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姻族関係終了後に前妻の娘からの要求はアリですか?  ☆☆

姻族関係終了後に前妻の娘からの要求はアリですか? 母象 2008年5月27日 12:22

夫を亡くし双子を育てている、母象と申します。
夫は再婚で前妻とは死別で娘が一人います。
私たちの結婚時は前妻娘は成人でしたが色々と嫌がらせがありストレスから流産しました。

その後治療を経て双子に恵まれました。
夫の病死後、遺産相続などの手続きを満了させ3回忌を持って姻族関係終了の手続きをしています。

前妻娘とはもう会うこともないと思っていたのですが先日電話があり、結婚が決まったので結納や式に「義母」として出て欲しいと要求されました。
先方が格式にこだわるので身寄りがない女だとバカにされるんだというのですが勝手です。








バカにされるのも破談になるのも知ったことじゃないと思います。
「実家」ということで婚約者を連れて挨拶に来たいのだというので彼女がしたこと(流産のことや嫌がらせ)を言いますよ、と言ったところ若すぎたせいで今は反省しているし土下座でもするから、というのですが当時を思い出して怒りが納まりません。
何のための姻族関係終了手続きなのかと思います。

もう関わりたくありませんがどうしたらいいのでしょう?







トピ主の母象です。ありがとうございます。     母象(トピ主) 2008年5月27日 16:33

7番目のレスまで読みました。ありがとうございます。
私は初婚で夫とはかなり年が離れていた夫婦でしたが仲良く過ごしていました。
一点だけ前妻娘のしつこい嫌がらせだけが悩みの種でした。
彼女に配慮して成人するまで待ったのに…

今更土下座されようが過去が消せない限り彼女がしたことを赦すつもりはありません。
彼女は実夫(私の夫)の介護を手伝ったことで免罪符のようですが全くそんなつもりはありません。
そこまで無謀ではないとは思いますが、もしも前触れ無く婚約者を連れてきたら彼女がしたことを冷静に全て話そうと思っています。
前妻娘のために「実家」「義母」を偽装するつもりもそんな義理もありません。
彼女に身寄りや後ろ盾がないのは事実ですからそれにそって生きて欲しいです。

今の住まいは夫と私が気に入って購入したもので今は私と子ども達だけのものです。
前妻娘の見栄の種に使われたくはありません。

やはり弁護士さんを入れて先方へ通知して貰った方が良いでしょうか?




挨拶だけでは済まない気がします  ベリー  2008年5月27日 16:01

先方がどの程度格式にこだわるのか分かりませんが、
義娘にとっても自分が散々嫌がらせをしたトピ主さんに頭を下げる
程というなら、結婚の結納・式だけで付き合いが終わるか疑問です。

子供が産まれた後も「実家として」の振る舞いをお願いされる可能性があります。
今後お付き合いを絶ちたいなら、はっきり断るべきです。
お金がかかるかもしれませんが、法律の専門家から
「姻族関係終了手続」について義娘さんに説明してもらうのがベストだと思います。





ベリーさまへ(彼女は義娘ではありません)     母象(トピ主) 2008年5月27日 16:43

ベリーさま、彼女は私にとって義娘ではありません。
彼女の成人後に夫と結婚し、当然ですが養子縁組もしていませんので「前妻と夫の娘」ですが私の娘(義理のでも)ではありません。

私の子ども達と前妻娘は異母きょうだいの間柄になりますが、子ども達も未成年で私の保護下にありますので私に準じて彼女と関わる必要はないことを姻族関係終了手続きの際に説明頂いています。
忙しくて色々思うように出来ない手抜きなシングルマザーですが、もしも私の身の上に思わぬ事態が起こったとしても前妻娘だけは頼らないでよいように幾重にも調えています。

本当に細かい点をわざわざ言い立てて申し訳ないのですが、彼女と私は最初からずっと赤の他人です。




母象様  ベリー  2008年5月27日 19:25

不快にさせる表現を使ってしまい、申し訳ありませんでした。

続きのレスを読んだ上で、弁護士を立てた方が良いと思います。
一日も早く平穏な日々に戻られる事を願っています。




トピ主です。ありがとうございます。     母象(トピ主) 2008年5月27日 18:03

断わっても問題ないとのレスを見て何だかほっとしています。

先走りかもしれませんが遺産相続とその後の手続き時にお世話になった弁護士さんにまた連絡を取ることにしました。
私は前妻娘の「義母」ではないですし、我が家は彼女の「実家」ではないです。
もし彼女がごり押しするならこのことを前妻娘だけではなく婚約者本人かご実家へまで正式な通知を出して伝えたいほどです。

夫がかなり年上でしたので夫の両親も兄弟も他界しています。
前妻さんの実家に関してはわかりませんが、前妻娘はずっと義母(夫の母、故人)が同居して育てていたので夫側に関しては彼女には実家も実家替りに後ろ盾になる親族もおりません。
彼女曰く、実家として振る舞って欲しいだけで節句など金銭的な面では迷惑を掛けない、と言います。
亡夫の遺産と彼女自身働いているのでそういう意味だと思いますが、あんなことをされた彼女のために何かしてあげる事自体とてもイヤです。
土下座する、謝ると言われたのですが「ではあの雪の日に戻って赤ちゃんを返してくれたらいいですよ」と言ったところ逆上したので本当は反省してないと思います。




トピ主です。ありがとうございます。     母象(トピ主) 2008年5月28日 16:56

やはり弁護士さんに話して今の時点で出来ることを確かめておこうと思います。
前妻娘に関わってしまったせいで当時を思い出してイライラしてしまい、効果的な仕返し方法などを考えてしまいます。

彼女に雪の日に自宅そばで車で突っ込まれました。車を降りて笑いながら雪で滑ったと言い訳していました。
かすめられて転んでしまったのと、車が迫ってきたその時のショックで動悸などの不快症状に悩まされて不眠になり入院したのですが結局流産しました。
流産までさせる悪意はなかったと言いますが、起こったことは消せません。
もし彼女の婚約者に会うことがあればこの話はしようと心に決めています。

土下座もお詫びも要らないけど、あなたがしたことは赦さないと言ったところ逆上していました。逆上したままもう連絡がないならそれに越したことはありません。
最初の相談でもかいたように、前妻娘に関わりたくないのです。




ご主人にも問題があるように思う  雲母☆  2008年5月27日 22:08

 トピ主さんは、前妻の娘さんの結婚にあたり、別に出席する必要はないと思います。それは、貴女は気に病まなくてもいいです。
 でもね。お話を聞いていて、亡きご主人にも問題があると思うんですよ。ご主人が貴女と再婚すると決めたとき、前妻の娘さんに予め相談や、いきさつを説明したんでしょうか?

 実の母親を失った娘にすれば、やはり父親が他の女性と所帯を持つことには未成年であろうと成人であろうと、抵抗を感じる人も少なくないと思いますよ。
 かつて、その娘さんから嫌がらせを受けた、ということで多分それは事実だろうと思うし、貴女も大変辛い思いをなさった事はお気の毒です。
 でも、ここでは貴女の一方的な言い分しか知る手立てがありません。貴女だって、その娘さんの前で感じの悪い態度をとったりしませんでしたか?失礼を承知で言いますが、先妻さんがいる時分からご主人と男女の付き合いをなさったりしていませんでしたか?

 ご主人が貴女と再婚するときに、娘さんに適切な対応をしていなかったことが、今日のお互いの齟齬を生んだように思いますよ。貴女ご自身が何でも被害者意識でいるのはいかがなものかと思います





雲母☆さまへ     母象(トピ主) 2008年5月29日 10:42

私の投稿の何処をどうお読みになってそのような決めつけをなさるのか理解に苦しみます。
もしかしたら前妻娘と同じような立場の方でしょうか?

私と夫が出逢う前に前妻さんは病死されています。
夫が夜勤や出張の多い仕事だったため前妻娘は姑の手で育てられたそうです。
私共が結婚を意識したとき彼女は19歳でしたが大騒ぎで反対されたため成人まで待って結婚しました。
それでも彼女は納得せず、彼女の住んでいた家(当時は姑存命)ではなく、私共の家に友人を連れて上がり込んで騒ぎを起こしたり、酔って暴れたりしていました。
そして私が妊娠した所、相続放棄をしろというなど意味不明の嫌がらせが続き、前妻娘の運転する車で突っ込まれて転倒して流産しました。
このとき私は警察を呼んで事件にして貰うつもりでしたが姑が泣いて土下座したのち夫からも頼まれたので、家を引っ越すことと赦す気になるまで彼女の方から接触してこないことを条件にしました。
流産が原因なのかその後排卵機能がおかしくなり、治療を経て双子を授かりました。

私は彼女の幸せの手助けをする義理はありませんし、歩み寄る気は一切ありません。




イヤリング様へ     母象(トピ主) 2008年5月30日 0:18

ご心配ありがとうございます。
でももしも移植などの不測の事態になったとしても前妻娘の助けを借りようとは一切思っていません。
逆に前妻娘に不都合が出来て私の大事な子ども達に移植を依頼される可能性だってあります。
この先一切あげませんし、もらいません。
彼女の存在自体が不愉快ですので何かして欲しいとも思いません。まして、してあげたいとは露ほども思いません。

彼女がしたことについては、当時私は彼女を人身事故の加害者として訴えるつもりでしたので集めた書類がまだ手元にあります。
あとは入院中からの義母からの手紙に前妻娘が起こした事態への侘びと育て方を誤ったことなど細かく書かれていますので婚約者やその家族と会うことがあればコピーを全部まとめて封筒に入れて渡そうと思っています。
先方がそれを読んで、イヤリング様のおっしゃるように「流産と前妻娘さんとの因果関係が不明」と思えば彼女と結婚するでしょう。

前妻娘の側からわざわざこちらへ接触してきたのが彼女の計算違いです。
夫の介護を手伝った時に私の赦しを得たと思っていたそうですが間違いであることを知ってもらいます




トピ主です     母象(トピ主) 2008年6月2日 16:55

いろいろ考えたのですが、やはり彼女の側から「わざわざ今になって」接触したことが許せないのだと思います。
本来なら姻族関係終了の手続きが済んだ時点で私の世界には入ってこない筈だったのに、自分勝手な理由で接触してくるのがおかしいのです。
夫の介護を手伝った時に私が「よろしく」と言った(口を利いた)ことで車の件は許されたと思っていたと言います。
若すぎて自分がしたことを理解できなかっただけ、今は二人の子供がいるからもう許して欲しいというのですが今いる二人と、前妻娘に車で突っ込まれて死んでしまったお腹の子とは別人です。

彼女は全く判っていないし反省もしていないと思います。

弁護士さんに相談して当時の書類のことも含めすべての経緯を先方に伝え「彼女と二度と接触したくない理由」を伝えて貰おうと思っています。
それを知って判断するのは先方であって、私には関係のないことですから。

彼女がこちらへ接触したのがそもそもの間違いです。
謝ろうが土下座しようが死のうが「取り返しのつかないこと」は存在します。
起こってしまったことは消せませんのでせめて思うように運ぼうと決めました。




トピ主です     母象(トピ主) 2008年6月4日 13:31

金曜に弁護士さんと会う手はずが整いました。
夫の元気だった頃からお世話になっている弁護士さんで前妻娘との経緯も知っている方です。
赤の他人が不利な情報を流すのと違い、私(事故の本人)が「こういう理由で関わりを持ちたくないのです」と表明するために先方へ情報を見せることは無問題だそうです。
事故証明や診断書、義母の詫び状、2週間前の6ヶ月の赤ちゃんの元気なエコーの写真とビデオ、そして流産の診断書…全てを見て判断するのは先方です。
彼女本人の主張と同じように、「若すぎる彼女に責任はない」「過去は関係ない」と思えば結婚するでしょう。

それで結婚できなくて逆恨みされようが、打ちのめされようが、結婚できないような不始末をしでかしたのは彼女本人です。
罪は一生消えません。この先彼女が私に接触するたび私は「赤ちゃんを殺した」と言い続けます。

子ども達は上にもう一人、産まれる前に殺されてしまった姉がいることを知っています。
ですから臓器移植等で何があろうが、前妻娘から貰うつもりはありません。
逆にまた、前妻娘が何か移植を必要として懇願されても断わります。




母象様、気持ちを落ち着けて下さい。  ブタもおだてりゃ  2008年5月30日 13:26

今回の先妻娘側の理由により、不愉快で仕方ないのは重々承知しておりますが、
気持ちを落ち着けて下さい。

相手側に彼女の数々の非道な過去を告げる(暴露)事は、絶対にしない。
→火に油を注ぐ事になるから。貴女の家族の安全を考えて。
自分の希望を叶える為なら「土下座」も辞さない。
→貴女が望んでもいない「土下座」など一方的にされたら大変。
多分、彼女の中での貴女に対する評価は、自分より「格下」。
亡夫の介護。→過去の数々の行為(特に車の件)による、遺産の減額の阻止。
最初の妊娠時期の行動から「お金」に固執。婚約者の実家って資産家なのかしら。

貴女の告白で破談。
自分の希望が「拒否」。
土下座(自分が言い出した事でも屈辱的行為)。
これらの事は、彼女の報復行動に拍車を掛けます。過去に示されています。
多分、親代わりをしても、「貴女に頼み事をした」事実は、プライドを傷つけられたとして、
嫌がらせされると思います。

係わらないことが一番なんですが、もうそれも無理。




貴女と彼女の関係は、戸籍が証明してくれると思います。  ブタもおだてりゃ  2008年5月30日 13:28

弁護士立会の元、彼女自身に戸籍謄本を取得して頂き、謄本を見ながら弁護士に
貴女と彼女の関係と今回の偽装行為(弁護士が詐欺になると判断した場合)について
説明して頂きましょう。

今回の偽装が全く無意味である事。
破談・離婚の理由になり、確実に慰謝料請求されるだけでなく、「詐欺」として警察に訴えられる事。
今後、母象さん側(子供達も含め)に、接触行為を行った場合、「警察に通報」する事。

結局は、「車の件」を義母と夫が孫・娘可愛さに、事件を有耶無耶にしたのが元凶。
本当に彼女の事を思うなら、罪を問うべきでした。
一度示談にした事は、警察は介入できなかったと思います。

※母象さんのお子さん達が、移植等が必要な病気になっても、ドナー第一条件は血液型の一致。
但し、患者がAB型のみ条件が変ってくるそうです。




何度も言います。1  ブタもおだてりゃ  2008年6月2日 13:42

1=彼女と未来永劫接触する事の無い、子供達との平穏な生活。
2=彼女の過去の行状を相手に暴露し、結婚を破談にする事。
貴女の真の望みは、2では無く1の筈。

貴女が実行したい内容は「百害あって一利なし」。
「目には目を、歯に歯を」を教義にした宗教同士の争いの様に「泥沼化」。
どんなに憎しみが勝っても、貴女が彼女と同様な行動とれば、「同じ穴の狢(むじな)」、
「人を呪わば穴二つ」。

彼女の過去の行いに対する代償は、貴女が手を出さずとも必ず支払わされます。
彼女への憎しみに囚われて「鬼」になってはいけません。
貴女と彼女の負の関係を、ここで断ち切らないと連鎖になってしまいます。
愛する我が子達にそんな「負の連鎖」という財産を与えたいですか?

(続きます)





何度も言います。2  ブタもおだてりゃ  2008年6月2日 13:44

(続きです)

憎しみに囚われて「家族の未来」を見誤らないで下さい。
彼女は、貴女の家族にとって無関係なんです。
全ての対応を弁護士にご依頼下さい。
最悪、貴女が対応しなければならない場合、書類の存在(最後の切札)は絶対に明かさず、
「赤の他人の私には、貴女の望みを叶える事は出来ません」と、今度は過去に一切触れず、
喧嘩腰でなく静かな口調(聞き分けの無い幼児を諭すように)で話しましょう。

※にゃにゃこ様。「バラす」ことを薦めていますが、先妻娘の過去の行動を踏まえた上での
言葉とは、ちょっと思えません。
※海様。先妻娘の父母・祖父母とも他界されています。

何故、自ら「修羅の道」を選択されるのですか?
ブタもおだてりゃ
2008年6月3日 9:34
母象様、2008年6月2日 16:55の貴女のトピ読ませて頂きました。
貴女の言う「先方」とは、先妻娘の結婚相手及びその家族の事と思います。

弁護士に対応して頂く相手は、先妻娘です。

彼女との争い事に、貴女と何の関係も無い第三者(結婚相手及びその家族)を
巻き込まないで下さい。
第三者側は、あくまで結婚までの正しい手順を踏まれているだけです。

貴女が彼女を許せない気持ち、レスしている大半の方が理解されています。
だから、貴女が実行しようとしている行為を、止め様としているのです。

弁護士に依頼される際、こちらのトピも印刷して一緒にお持ちになって下さい。

きつい言い方をあえてします。これが最後です。

冷静になれ。数々のレスを何度でも読み返せ。
憎しみに囚われて大事な事を見失うな。
一番に考えなければならないのは、流産した子の事でなく、双子の事。
傍観者に徹しろ。
貴女が手を汚すことなく、自ら破滅の道を歩んでいる先妻娘など相手にするな。
子供達に「母」が必要無ければ、好きにしろ。

※愛情と命は同等の重みでしょうか。





ブタもおだてりゃ様     母象(トピ主) 2008年6月4日 16:01

何度も繰り返させてしまってすみません。優しい方ですね。
仰ることはとても心に伝わっています。

姻族関係終了の時点で「やっと縁が切れた」とホッとしました。
それまでずっと彼女の気配を感じるたびに当時を思い出し怒りを覚えていました。
悪夢を見て飛び起きて「あ、ブレーキ踏むのが滑った」と同じ真似をして、前妻娘が外に出たくなるまで脅えさせてやりたいと思い詰めた日もあります。
子ども達が育つほど、殺された子のことが悔やまれました。

関係終了はそういった日々と縁を切る手続きの筈でした。
実際、私と子ども達は私の身内の助けに恵まれて穏やかに楽しく暮していたんです。
それを破ったのは彼女の方です。だからもう許せないのです。
以前体を張って止めてくれた夫ももういません、子ども達には前妻娘に関わらないように言い含めて育てています。
母として歪んでいるのかもしれませんがどうしても許せないこともあるのです。

真剣に親身にご意見下さったことにはお礼申し上げます。
ありがとうございました。




トピ主です★     母象(トピ主) 2008年6月4日 17:58

子ども達の安全の心配をして下さるレスがとても多いので…感謝しています。
子ども達のことはあまり詳しく描かないようにしていたのですが少々補足させてください。

子ども達は中学生男子です。健康で年より大柄で運動好きです。
父親はいませんがお友達に恵まれ私の親族もいます。
もう母親と離れても親族の保護の元にやっていける年ですしそのように育ててきました。
子ども達が幼児でしたら私も考え直したかもしれません。

前妻娘は私より6才下でもう若い女性と呼ばれる年代ではありません、彼女がもし意趣返しを考えるなら私に何かを仕掛けるでしょう。
その時こそ、以前出来なかったことを達成させるつもりです。




トピ主です     母象(トピ主) 2008年6月6日 12:33

朝一番で弁護士さんと会い、手続きをしてきました。
証拠の書類も原本を預かって頂いてコピーのみ手元に保管しています。
義母の手紙は彼女にとってはある意味一番のダメージかもしれませんね。

子ども達を授かってから毎日緊張していました。
また前妻娘が来るかもしれないと思うと妊娠中は一人での外出はできませんでした。
出産後もしばらくは私の身内やシッターさんを頼んでの外出の日々でした。
子ども達が話してわかる年になる頃には私一人で双子をつんで車での移動が可能になりました。
できる限り目を離すことなくどこへでも送迎し、理由を説明し続けました。
子ども達は自分の上に産まれる前に殺された姉が居ることを知っていますし、誰がやったのかも知っています。
定期的に前妻娘の車の種類と色とナンバーをチェックして子ども達には「この車が来たら近寄ってはダメ」と言い続けて育てました。
周囲の人たちにも、気を許せる中になった時点で理由を話し「だから過保護だけどゴメンナサイね」と説明しています。
そんな日々で10年以上を過ごしてきたのです。
ですから子ども達もわきまえてくれています。





トピ主です     母象(トピ主) 2008年6月12日 11:05

前妻娘から再度の連絡があったので週末に会うことになりました。
とにかく会って欲しいと食い下がられ、我が家を指定してきましたが家にあげる気はないので断わって駅地下のホテル内の店舗で会う約束をしました。
子ども達の食事やスポーツの送迎等が気がかりだったのですが、実家の妹一家が泊りに来てくれることになりました。

当日は弁護士さんに同席していただきます。
渡す予定の義母からの手紙数通の中には、母親がいない子の育て方を誤った侘びと「大嫌いだった前妻にソックリ」に性格が歪んでいるので手に負えず持て余し気味なことなどが細かく書かれています。
前妻娘はたびたび「祖母だけが自分のことをわかってくれ可愛がってくれた」
と言っていましたので完全否定はショックでしょうね。




トピ主です     母象(トピ主) 2008年6月16日 23:12

週末に前妻娘、婚約者とそのご両親と会いました。
ある程度の決着が付き疲れ果てて寝込んでいました。

先方(婚約者とご両親)に書類を渡してこういう理由で他人以上に関わりたくないのです。と説明しました。
うちの子ども達も何があったか知っていること、近所の人たちも私の警戒態勢を知っていることをお話ししました。
弁護士さんからも法的にもう他人であると説明していただきました。
後は私には関係ないことですので先方に任せます。

前妻娘は妊娠していました。
だから私に許して欲しかったのだそうです。
洗面所で追ってこられて二人きりになった時にそう言って泣きました。
「じゃあ巡り巡って冬に車に突っ込まれるかもね、ベビーカーでも危ないかもね、幼児の間は用心が肝心ですよ」と言って彼女の固まった顔を見てすっきりしました。
私が神経を張って過ごした日々の半分でも脅えてくれれば十分です。

すっきりしたので週末は子供や妹たちと温泉に行こうと計画しています。




トピ主です     母象(トピ主) 2008年6月17日 12:45

渡した義母の手紙を読んだ前妻娘から混乱して泣きながらの電話がありました。

あの手紙は捏造した物でしょう?祖母が書くわけがないと問うので、そう思うのは勝手です。お義母さまの文字や文章の癖はよく知ってるあなたなら真贋はわかるでしょう、と答えました。
あんな手紙を見たらもうこれで自分はひとりぼっちだ、一人で子供を育てていくのは心細い、と泣いていました。

婚約者のお家は民間相談所で改めて聞き合わせをするそうだ、妊婦なのに破談になったらどうしてくれる。
何よりも生まれてくる子供がいつか事故のことを知ったらどう思うだろう…と脅えていました。

全て自業自得ですし、泣こうが怒ろうが私には関係ないことです。

生まれてくる子供と私の子ども達が接触するようなら何十年経ってても事故の話はするつもりですよ、と伝えたところ、もう二度と接触したくない、自分は妊娠中で大事な時期なのにショックを受けた。今までずっと黙っていて慶事にいきなりこんな酷い仕返しをするなんて怖ろしい、と電話が切れました。
今まで通りの警戒は怠りませんがこのまま電話が来なくなれば幸いです。



管理人コメント

まさに、因果応報っ

関連記事
コメント
非公開コメント

No title

超スッキリ、GJすぎる。
母象さん達家族に幸あれ。

2012-05-12 00:42 | from -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。